自分のIPアドレスを確認

自分のIPアドレスを確認

あなたのIPアドレス

3.229.117.123

あなたのIPアドレスは現在公開されています。 VPNでオンラインの匿名性を高めましょう。

今すぐVPNを入手してプライバシーを守る

IPアドレスをプライベートに保つ

ロケーション

United States - Ashburn

インターネットサービスプロバイダ (ISP)

Amazon.com

【動画】自分のIPアドレスとプライバシーについて

IPアドレスをプライベートに保つ方法

IPアドレスを変更し、オンラインアクティビティをプライベートに保つのはとても簡単です。必要なのはVPN(virtual private network)だけです。

VPNを使えば、IPアドレスと実際の居場所を違うロケーションに切り替えることができます。VPNは、インターネットトラフィックを暗号化された安全なトンネルに迂回させるため、誰も、インターネットサービスプロバイダ(ISP)さえもあなたがオンラインで何をしているのか把握できません。

VPNは、選択中のサーバーロケーションからアクセスしているように見せます。例えば、アメリカにいて、イギリスにあるVPNロケーションに接続した場合、イギリスにいるかのように表示されます。

VPNサーバーがある国のリスト。

VPNを使用してIPを隠すことには多くのメリットがあります。

  1. 実際のアクセス場所をプライベートに保ちます。

  2. 通信データを暗号化するため、より匿名で安全にオンラインを利用できます。

  3. 簡単に仮想のロケーションを切り替えられ検閲やその他のファイアウォール規制の心配なく、インターネット本来の機能を保証します。

IPアドレスとは?

インターネット・プロトコル・アドレス(IPアドレス)は、コンピュータ、タブレット、電話などのあらゆるデバイスがインターネットに接続する際に割り当てられる一意の番号です。

IPv4 vs IPv6 アドレス

現在使用されているインターネット・プロトコルには、IPバージョン4(IPv4)とIPバージョン6(IPv6)の2つのバージョンがあり、識別機能とアクセス場所のアドレス指定の2つの主要機能があります。

ドット数値記法のIpv4アドレスの例。

IPv4とIPv6の主な違いは、可能なアドレスの数です。IPv4は、32ビットのみを使用するため、40億のアドレスしか提供できません。IPv6は、近い将来に向けて利用可能なアドレスを十分に確保するために1995年に導入されました。IPv6は128ビットを使用し、3.4 x 1038のアドレスを提供します。

オンラインを使うにはパブリックIPアドレスが必要

インターネットを使用するには、すべての接続されるデバイスがグローバルIPアドレスを持っている必要があります。IPアドレスは、インターネット通信の送信者と受信者の2つのデバイスがお互いを見つけて、情報を交換できるようにします。

設定は現実社会の住所システムに似ています。例えば、雑誌を購読する場合、雑誌の販売業者(差出人) は、コピーを送るためにあなたの住所(受取人) が必要となります。あなたの住所がなければ、販売業者はどこに雑誌を送るべきか分かりません。

同じことがインターネットにも当てはまります。IPアドレスがないと、2つのデバイスはお互いを見つけて、情報を交換することができません。

パブリック vs プライベートIPアドレス

パブリックIPアドレスとは異なり、プライベートIPアドレスは、プライベートネットワークで、インターネットに直接接続されていないコンピュータやデバイス(プリンターなど) の間で情報を特定しシェアするために使用されます。

プライベートなIPアドレス、公共IPアドレスがあるルーター、インターネットを表しているクラウドがついたノートパソコン。

ホームネットワーク内の各コンピュータまたはデバイスは一意のプライベートIPアドレスを持ち、相互に通信できるようになっていますが、ローカルネットワークの外部のものは接続を確認することも、接続を確立することもできません。

ルーターは、DHCPプロトコルを使用して、ホームネットワーク上のすべてのデバイスにプライベートIPアドレスを割り当てます。特定の範囲の番号は、プライベートIPアドレスとしてのみ使用できます。

IPアドレスから暴露される個人情報

IPアドレスから、アクセス場所に関するかなり詳細な情報が暴露され、他者に利用される可能性があります。

  • 州/県
  • 郵便番号

例えば、ウェブサイトを訪問する度に、サイトはあなたに関するさらに多くの情報を収集できます。メタデータ、クッキー、トラッカー、ブラウザ・フィンガープリントなどの手法から得た情報をIPアドレスと組み合わせることにより、ウェブサイトの所有者、マーケター、広告主はあなたに関するとても詳しいプロファイルを作成できます。

彼らは、ユーザーのロケーション、閲覧したウェブサイト、興味を持っていること、ダウンロードしたもの、通信した相手などの情報をまとめ、ターゲット広告やコンテンツを表示したり、最高額入札者にそのデータを販売したりします。

また、インターネットサービスプロバイダ(ISP)は、さらに多くの情報を把握しています。ISPがあなたについて知らないことはほとんどありません。顧客情報として、名前、住所、電話番号、クレジットカード番号、銀行口座情報、信用履歴、さらに多くのことを知っている可能性もあります。そのISPは、IPアドレスを使って、あなたのウェブアクティビティをブロック、規制、ネット検閲することもできます。

ISPができることはまだあります。オーストラリアやイギリスなどの国では、ISPはユーザーの閲覧履歴のログを保持し、無数の政府機関に令状なしで渡す必要があります。

さらに、ISPはあなたがHTTPSで保護されていないウェブサイトを閲覧した場合、個々の暗号化されていないウェブページを確認できますし、HTTPSで保護されたウェブサイトを閲覧した場合でも、ISPはアクセスしたドメインを監視できてしまうのです(個々のページではありません)。

ExpressVPNでプライベートな接続を確保しましょう

ExpressVPNは94ヶ国のサーバーを活用し、自由でプライベートなインターネット環境を提供します。

弊社のVPNは、デバイスとインターネットの間に安全で暗号化された「トンネル」を作り、ほかのユーザーと共有する新しいIPアドレスを付与するので、誰もIPを通してあなたのインターネットアクティビティを追跡できません。

アクティビティログなし、接続ログなしに関する厳格なポリシーを持っており、ユーザーのオンラインアクティビティはプライベートで高度な匿名性が保たれます。

安全にブラウジングし、匿名性を向上させ、圧倒的な通信速度で世界のコンテンツをどこにいても楽しみたいのなら、今すぐExpressVPNでロケーション、個人情報、オンラインアクティビティを保護しましょう。

30
返金保証

リスクフリーでIPアドレスを隠す

ExpressVPNを今日から試して、IPアドレスを隠しましょう。

サービスにご満足いただけない場合は、30日以内にサポートにご連絡ください。一切不問で全額返金します

ExpressVPNを購入する
ExpressVPNは30日間返金保証を提供します